全力疾走!

自転車に乗れない。。

読了までの目安時間:約 2分

 


chari01

唐突ですが自転車に乗れないんです!

 

いえいえ、私ではありません。5歳になる幼稚園年長の長男の話です。彼が人生初の自転車を買ってもらったのはかれこれ2年以上前のことになります。幼稚園入園のお祝いにひいおじいちゃんが買ってくれました。

パナソニックの自転車でとても格好いい緑色のものです。最初は補助輪がついていましたので転ぶこともなく仮面ライダーのなぞらえて自分のマシンだ、なんていいながら楽しげに乗っていました。

ところが最近はその自転車も部屋の片隅に眠ったままなかなか起こされることもありません。

 

では、いつごろから乗らなくなったかというと「乗れなく」なってからですね。補助輪をはずしたのがたしか昨年の夏前だったかと思いいます。それから何回かは練習したりして頑張ってみたんですが結局今現在でも乗れていません。

 

私や家内が子供の時は結構あっけなく乗ることができたように記憶しているのでなぜ彼が乗れないか自分たちではわからないんです。ただ昔と違って彼ら子供同士が外で自転車に乗って自由に遊ぶような環境はたしかに今はありません。だから環境のせいにしていました。今日までは。

 

というのも妻の友人のお子さんが補助輪をはずして10分で乗れてしまったんです。。

oh,poor my son...

家内の心に火が付いたようです。自分では否定していましたがちょっと悔しかったんでしょうね。長男をたきつけていました。今週の午後に自転車の特訓があるようです。長男は負の感情で動くところがあるので今度は頑張るかもしれません。家族そろってサイクリングに行ける日は近いのでしょうか!?

 

 

タグ :

日記 育児   コメント:0

この記事に関連する記事一覧